• ホーム
  • 水虫と間違いやすい症状には何がある?

水虫と間違いやすい症状には何がある?

2019年09月09日
水虫の足裏

夏場や梅雨時になると、私たちが遭遇する機会が増える典型は水虫です。
原因菌の白癬菌が足の裏の皮膚角質に感染してかゆみや水疱、角質が欠落するなどのタイプに応じてバラエティ豊かな症状を呈するのが特徴です。
足の裏がかゆいと「水虫かも」と即断しがちですが、なかには違う病気が潜んでいることもあります。
水虫か、別の病気なのかは治療のアプローチの方法が変わってくるので、見分けることが重要です。
そこで水虫と間違いやすい症状を見せる、接触皮膚炎・細菌の感染による皮膚炎・皮膚カンジダや汗疱性湿疹等の疾患の特徴について、検討してみましょう。

接触皮膚炎とは、何かしらの原因物質が皮膚に接触することで発症する急性の皮膚病です。
いわゆる「かぶれ」の症状で、赤ちゃんのおむつかぶれや大人なら野外での漆かぶれなどが代表的です。
接触皮膚炎では患部にかゆみが出たり、ヒリヒリした感覚に襲われます。
しばしば水泡を発生させます。

細菌の感染による皮膚炎では、代表的なものは「とびひ」を挙げることが出来ます。
正式には「伝染性膿痂疹」というもので、主に夏場に乳幼児の顔や身体、足などに小さな水泡ができ、破れて体液に混じった細菌がさらに周辺の組織に水泡が広がっていくのが特徴です。
湿疹や虫さされ部位をかきむしってできた傷の中に、黄色ブドウ球菌などが感染して起きる病気になります。

皮膚カンジダは膣などの性器に常在しているカビの一種が、皮膚に感染することで発症する皮膚炎の一種です。
指の間などの間擦部と呼ばれる部位に多発する特徴があります。
発疹が出ますが、そこから白い粘りけのある白いカスのような物質が観察されると言った特異な初見を持っている訳です。

汗疱性湿疹は足の裏や手のひらに、水泡と共に出現する湿疹のことです。
初めに1-2mmほどの小さな水泡を生じますが、それはやがて破れて皮膚がさけると、強いかゆみに襲われます。
炎症が酷くなると赤くただれることもあるようです。

これは水虫?見分けるための目安とは

水虫は白癬菌による感染が原因ですが、これまで紹介した各種の皮膚病は、かゆみなど間違いやすい症状を呈しますが、治療法は異なるため見分けることが必要です。
そこで水虫とそれ以外の病気の見分け方を検討してみましょう。

接触性皮膚炎の場合、必ず何らかの原因物質との接触があるはずです。
それは漆などのかぶれさせる成分を含んだ植物の場合もありますし、化学薬品やアレルギーを引き起こす金属の場合もあります。
患部が何かに接触していたことは無いのか、を検討して心当たりがあれば接触皮膚炎の可能性があります。

「とびひ」などの細菌の感染による皮膚炎では、患者の年齢層が年少の乳幼児や子供が多い傾向を看取することが出来ます。
原因となる傷が患部の周辺にあるので、周辺も含めて良く観察してください。
特に夏場は虫刺されが傷になり、化膿していることがよくあります。
化膿して適切な処置を行なわないと悪化し、とびひを引き起こすというわけです。

皮膚カンジダは女性の場合、膣内部の常在菌の一種なので、身体の免疫細胞が正常に機能している限り、皮膚炎などの症状は出ません。
ステロイドホルモンの長期使用や、がんなどの消耗性疾患、寝たきりによる不十分な肌ケアなどの免疫機能が低下している状態で出現します。
発疹からは特徴的な白い分泌物があるので肉眼でも観察できるのです。
カーネステンが有効です。

汗疱性湿疹は足の裏や手の汗が原因で発症します。
水泡が出た段階ではかゆみをともなわないので、水虫とは症状に違いが見られます。
一種のアレルギー反応と考えられているのでステロイド軟膏が有効です。

一見すると水虫に類似していても、異なる特徴に着目することで正しい見分け方を実践することは可能です。
正しく見極めることで皮膚カンジダであれば、カーネステンを使用すれば改善が見込めるといった具合に、治療薬の正しい選択も可能になるのです。

関連記事
水虫に効くラミシールの有効成分

水虫は一度かかってしまうとなかなか治らない症状で、強い感染力を持っているため家族などにうつしてしまう危険も大きく、非常に厄介な病気ですので水虫で悩んでいる方はすぐに病院に行って治療しましょう。水虫の治療には一般的に塗り薬と飲み薬が用いられます。ここで代表的な水虫薬であるラミシールについて説明をします

2019年08月01日
糖尿病の人は水虫になりやすいって本当?

梅雨が到来する頃から水虫の活動は活発になり、患者数も急激な増加を見せるようになります。これは水虫の原因菌となる白癬菌がカビの一種で、高温で多湿な環境を好むからです。夏が近づくにつれ、靴下や靴の内部では汗のおかげで蒸れやすくなり、日中はそのままの状態で長時間過ごすことが多くなり、白癬菌の増殖には格好の

2019年10月13日
外見に異変がなくても水虫の場合がある?

水虫は主に足という部位に起こりやすい問題の一つで、一般的な認識では足の指の間の皮がうっすらとめくれる状態や、またその部分の皮膚がゆるい状態になっていることをイメージされるのではないでしょうか。また独特の臭いがあることも特徴的で、水虫が嫌がられる原因のひとつにはこの臭いがあると言えます。ですが、これら

2019年09月28日
水虫の原因は実はカビだった?

水虫という病名は実は俗名です。医師たちが正式に使う水虫の病名は白癬菌感染症になります。白癬菌と言うのは水虫の原因菌でカビの一種である真菌と呼ばれるものです。カビにはいろいろな種類がありますが、カビを総称して真菌と呼んでいます。微生物学的には、真菌と細菌の違いは核があるかないかです。真菌は核があります

2019年08月21日
水虫に効くケトコナゾールの有効成分

かゆみの強い水虫に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。特に湿気が多い夏になると、水虫の症状で悩む人が増える傾向にあります。水虫は、趾間型・小水疱型・角化型の3種類がありますが、現在は趾間型の水虫にかかっている人が多いです。趾間型の水虫は、足の指の間がふやけて、皮膚が割れたりむけてしまったり

2019年07月20日